英会話スクールの講師の差とは

英会話スクールの売り文句の一つとして、講師が外国人であるというものがあります。確かにこれは魅力的ではあるのですが、注意しておきたい部分もあります。

英会話スクールにいる講師というのは、ただ英語が話せるというだけで採用されている場合があります。特に地方では外国人自体珍しいため、採用基準が低くなっていることも。だから英語を教えるプロではないことを念頭に置く必要があります。もちろん研修を受けているので大丈夫なのですが、その人の性格によっては熱意が差があるのは確かです。

実際私が英会話スクールに通っていた時、とある講師はあるおばさんがわからない英単語を説明するのを面倒臭がり、私に日本語で伝えるよう言ってきました。他の講師でこのようなけだるげな人を見たことがなかったので少々驚きました。

このようなことがあるのはデメリットですが、私はそれ以上に外国人と話せるこの貴重な機会を存分に味わいたい、という思いの方が強かったので楽しかったです。