小さいときの英会話がとても役にたちました

私は、小学生のころから船橋の英会話教室に通っていました。当時は何の役にたつのだろうかと疑問に思っていました。幸いにもそのおかげ、中学校からの英語の授業には十分ついていくことができたため、英語に対する導入として小さいときから英会話を習うことは、とても意義深いと感じています。特に英語のリーディングとリスニングは英会話のみでしか培うことができないと思います。小さいころから英語に触れていたからこそリスニング能力と発音の能力が高くなったといえます。現在私は、大学院生を行っており、英語論文を読む機会や書く機会、国際学会での発表やディスカッションなど多くの場面で英語を使用しています。これも小さいころから英語学習を進めてくれた賜物だと思っていて、親には感謝してもしきれません。英語ができるようになるだけで世界がとても広くなるように感じます。日本のみ閉じこもっていては人生勿体ないと思います。若い人はもっと英語を勉強して世界に目を向けていく必要があると考えています。